TOTAL:012345 T:123 Y:456

ビッグワード狙いのseoについて


いきなりビッグワードでの上位表示を狙うのは不可能に近いです。
当然個人だけでなく多くの企業もサイトを持っているため、
これらの企業が上位表示されることになるでしょう。

サイトの情報量が圧倒的に多い大手企業のページなどは、
特別seo対策を行わずとも上位表示されていたりします。

その理由は、単にそのサイトのコンテンツが
ビッグワードを多く含んでいるというだけではありません。

グーグルの人工知能は日々進化しており、単に含んでいる
検索ワードの数のみならず、いろいろな観点でサイトを評価しています。

たとえば、検索者があるワードで検索してから、どのサイトに
どれだけの時間いたのか、またいくつのサイトを訪問したのか、
などのデータを蓄積します。

そしてそのデータを次回からの検索結果表示に反映させるのです。

このことからもわかる通り、seoではユーザーのサイト評価を
なるべく人工知能での影響に重ねようという動きをしています。

当たり前ですが、グーグルは上位表示をねらう人のサイトではなく、
ユーザーにとって価値のあるサイトを上位表示したいのです。

検索者の意図を汲み取って、ネットサーフィンを最適化することが
seoの最大のねらいです。

検索ワードとの関連性は単にseoの基準にたまたまなっているだけで、
いうなればseoのある種の穴です。

今後もグーグルはそういったところを突くサイト運営者をむしろ避けます。
なので、スモールワードでまずは引っ掛けて、サイト自体の価値を
高める方向性が望ましいです。

 

次のページ

「サイトマップ」へ